飯島愛の訃報に関して、中国の掲示板から「日本のAVに内包される哲学的命題」

画像
―網易論壇―
飯島愛が亡くなったニュースは、中国各ポータルでもこれまでの経歴や中国人男優などとの親交もまじえて紹介され、大きなアクセスを得ているようですが、こちらは網易の掲示板から。
12/27現時点で圧倒的な支持を集めている書き込みです。


-------------------------------------------------------------------

年若い頃はAVを見ても興奮が先に立つばかりで理解できなかったのですが、年を経て私自身も成長するにしたがって、日本のAV業界人の偉大さとその作品の芸術性の高さに目がいくようになりました。
ここ数年はAVを見るたびに感動し、感激の涙さえ頬を伝います。
そして見終わった後、深い思索に耽るのです。

ほとんどの人はAVを色情の目で見、芸術性はおろか下劣なものとしてしか評価しません。
しかしその意図するものを考えたとき、あなたはAVの中に難解かつ厳粛な哲学的命題を見いだすことができるにちがいありません。
周知のようにAV女優はこれすべて天使の如く、美しくかつ純に描かれています。ところが彼女たちの相手になる男優をみると、いずれも年かさで吐き気をもよおすほど醜悪です。
この取り合わせはAVの普遍的なテーマのひとつといえるでしょう。

本来、民族的特性として唯美主義と略顕な悲観とを併せ持つ日本人がAVであらわそうと試みているのは、色情のみがその目的ではなく、人間にとって永劫不変の命題を残酷な絵で見せようとしているのです。
天使のような女優たち、それはあたかも人間のもつ自由と尊厳、そして脆い理想を示しているように見え、それを虐げる男優は古いしきたり、運命の過酷さを示しているように受け取れます。
AV女優はクライマックスでよく顔射を浴びますが、これを一個の人間として喩えれば、その気高い尊厳と品格、心の中にある素晴らしさ、純真さ、高貴さが無情にも愚弄され、運命に押し潰され、喪っていくかのようです。

また、日本のAVは女優が佳境に達したときにあげる声も特徴のひとつです。
興奮と生理的な衝動から抑えきれずあげる声ですが、これもまた見方を変えてみれば荒涼とした現実に打ち砕かれる悲壮な、個としての人間の魂の叫びに聞こえてきます。
言うなれば日本のAVは「老人と海」。権力や命運がどれほど私を虐げることができたとて、私があげる呻き声まで奪うことはけしてできません。

この世に生まれたことの意味は、ただ「呻く」ことなり。


隠していたAVがお母さんに見つかった時の中学生が高確率で行うであろう自己弁護
かもw

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

ぷぅにゃん
2011年11月21日 09:02
もっと欲しいにゃん♪+.(・∀・).+$ http://gffz.biz/

この記事へのトラックバック