「期待が大きすぎた」 トヨタの高級車"レクサス"、販売"低速"

・トヨタ自動車が昨年八月に投入した高級車ブランド「レクサス」の販売に
 勢いがない。北米では「メルセデス・ベンツ」や「BMW」と肩を並べる存在が、
 旗艦モデルの投入が遅れていることもあり、日本での浸透度はまだまだのようだ。

 「期待が大きすぎたこともあるが、じっくりと顧客に考えてもらうので、時間は
 かかる」。七日のトヨタの第三・四半期決算で鈴木武専務はレクサスの現状を
 こう分析した。一般に新車は話題性も後押しして発売後、数カ月間は飛ぶような
 売れ行きをみせるが、その経験則はレクサスには当てはまらなかった。

 販売台数は昨年九月、十月と伸び、十一月には三千五百四十一台を記録
 したが、その後は二カ月連続で前月を下回る実績。一月は千九百四台と二千台を
 割った。昨年十二月末までの累計販売目標の二万台に対しては、五割の一万台強
 にすぎない。

 ただ、トヨタでは「予想の範囲内」(トヨタ幹部)と余裕の表情だ。今春にはトヨタ
 自慢のハイブリッドシステムを積んだ「GS」を追加。八月には旗艦モデル「LS」が
 お目見えする予定で、トヨタでは本格的なブランドの立ち上がりを夏以降と
 踏んでいる。



2006年1月高級車ブランド販売台数ランキング

2,715台 メルセデス-ベンツ 15車種
2,010台 BMW 9車種
1,904台 レクサス 3車種
  753台 アウディ
  487台 ボルボ
  313台 ポルシェ
  236台 アルファ・ロメオ
  191台 ジャガー
   94台 ランド・ローバー
   60台 ベントレー
   50台 キャデラック
   47台 ハマー
   37台 フェラーリ
   32台 サーブ
   22台 マセラティ
   10台 ランボルギーニ
   10台 ロールス・ロイス
    7台 BMWアルピナ
    5台 マイバッハ

これで売れてないだって?
まさに期待が大きすぎるんじゃないですか?



本日の一本は
プレステージ 初撮りバイブル⑬
    テレホンアポインター ゆめ (KZD-13)
最近とにかくよく売れるプレステージの素人モノ
   特にこのゆめチャンはエロかわいい美人です!

画像
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック